【NEW】MITTAN

mittanミッタンシャツカディ大麻竹プルオーバー竹パンツ

mittanミッタンシャツカディ大麻竹プルオーバー竹パンツ

mittanミッタンシャツカディ大麻竹プルオーバー竹パンツ

mittanミッタンシャツカディ大麻竹プルオーバー竹パンツ

mittanミッタンシャツカディ大麻竹プルオーバー竹パンツ

mittanミッタンシャツカディ大麻竹プルオーバー竹パンツ

mittanミッタンシャツカディ大麻竹プルオーバー竹パンツ

新しいブランドの取扱がはじまりました。
 
MITTAN
 
PINTが京都に来る前、東京にいた頃に、みんなのどうぐの共同開催や、お取引をしていた「かぐれ」で知ったブランド。かぐれではMITTANの初期の頃から取扱をされていて、スタッフのみなさんがよく着ていました。服だけ見ても素敵なのですが、話を聞くとどうやらちょっと変わっていそう(良い意味で)。代表の方自らが染めていたり、シャツに施される手作業の補強ステッチだったり、購入時期に関わらず修繕対応をされてたり。服自体も、生地や染めの表情、縫製の美しさ、明らかに違う何かを感じさせるものでした。
 
2018年に京都に来てから、代表の三谷さんとお話する時間を重ねて、MITTANのこと、考え方をじっくり伺うことができました。
 
糸や生地、染めへの探求とこだわり。作り方と、届け方。修繕や染め重ねの対応。
 
手紡ぎ手織りの生地や、天然染料による染めなど、製作ロットによる個体差が大きな製法も多く、それが大きな魅力の一つでもあるMITTANの服。この特徴に誠実に向き合い、販売方法や、伝え方、修繕まで、まっすぐな思いを持って選択と行動を積み重ねています。
 
MITTANの服作りのコンセプトは、「現代の民族衣装」。糸、生地は、日本をはじめアジアのもので、日本の気候に適した素材を使っています。手紡ぎ手織りのカディ生地、大麻生地、溶解していない竹素材を使った生地。日本の高温多湿な夏には特に感じていただきやすい着心地の良さがあります。
 
縫製は、「強く美しい」という表現が個人的にはしっくりきます。もちろん縫製が綺麗な服は多いのですが、何か力を感じるような美しさを感じます。見て、着て、感じていただけるかと思います。
 
糸生地の素材も、縫製や染めを含めた作りの部分も、手仕事を感じられるような高い温度感がありつつ、綺麗で美しい。シンプルなデザインながら、シルエットの良さと動きやすさがあり、自然に、楽に着られるのも嬉しいところ。全てユニセックスですので、各ページの実寸サイズをご覧ください。
 
土っぽくなくて、街にも、今の毎日の生活で着られる。まさに、道具のように着られる服です。
 
 
PINTとも「現代の民族衣装」「現代の民具」「道具として適した素材使い」「定番的なものづくり」など共通する部分がとても多く、MITTANとPINTならではの取組みができたらという思いから生まれたのが、MITTANの端切れを使ったパッチワーク布。この共同製作から始まり、生地の端切れのもとへ遡って、MITTANの服もご紹介できることになりました。
 
ぜひ、MITTANの服をお試しいただけたら嬉しいです。
 
 
MITTAN製品一覧
MITTANのお直し・染め重ねについて
 
 
*2021/06/08 現在庫分については、全て掲載完了しました。