青年劇場「鮮やかな朝」舞台セット|ポジャギカーテン

青年劇場「鮮やかな朝」舞台セットポジャギ

青年劇場「鮮やかな朝」舞台セットポジャギ

青年劇場「鮮やかな朝」舞台セットポジャギ

青年劇場「鮮やかな朝」舞台セットポジャギ

青年劇場さんから、舞台セットとして、ポジャギのご依頼をいただき、ご使用いただきました。(公演は終了)
 
青年劇場「鮮やかな朝」 
作=森脇京子 演出=大谷賢治郎
舞台写真 宿谷誠
 
初めての、劇の舞台セットとしての使用でした。最初、お問い合わせをいただいてサイズを指定いただき、劇のテーマと、ポジャギの大体のイメージをいただきながら製作。普段の製作は、お店や家の空間でお使いいただくのが中心ですので、これまでで最大サイズの製作となりました。
 
舞台上での使い方は伺っていなかったので、舞台小物のうちの一つか、空間の背景に掛けるイメージでいましたが、その想像を斜め上にゆく使い方をしていただけました。本当にメインの舞台セットとして使っていただいて、シーンごとに、床に敷いたり、空中に吊ってばさばさと触ったり、天井に吊るして浮かべたり。小さな舞台空間の中で、たった一枚の平面の布をこんな風に使って表現するんだ、と、本当に驚きました。
東京の劇場だったので、初めてのオンライン観劇でしたが、画面越しでも圧倒的な世界観で、引き込まれました。コロナの影響もある大変な時期でしたが、予定枚数が売切れ、盛況のうちに幕を下ろされたとのこと。
 
ポジャギの演出もとても好評で、アンケートでもポジャギがよかったという感想も数多くあったとのこと、本当に嬉しいです。そして、観劇されたお客様からお問い合わせもいただいていて、劇中で使用されたものに近い超大判サイズを作るかもしれず、わくわくしています。
 
青年劇場さん、4月の公演は、京丹後が舞台の物語だそうです。チラシを送ってくださるということで、届いたら京都の店頭に置きますので、ご来店の際にはぜひ。
 
青年劇場のみなさま、このポジャギを見つけてくださった舞台装置家さま、素敵な機会をいただきまして、ありがとうございました。
 
 
【オーダーメイド】ポジャギカーテン|コットン×リネン