製作工程で出る木の端材

2016-02-06 13.24.47
ろくろ挽きの木皿シリーズを製作下さっている木地師の工房兼ショールームの外。
 
製作時に切られる木の端材。丸太⇒輪切り⇒直方体と製材していきますが、輪切り⇒直方体に切るときに出た端材と思われます。こちらはショールーム脇のためディスプレイに積まれていますが、工房で出た端材は燃料にされるそう。
 
器を挽くときに出るもっと小さなオガクズは、養豚場などで床敷として使われるようです。昔から使われ活かされてきた天然素材は、無駄なく最後まで使われます。
 
挽物の製作時の流れは、こちらの記事で詳しく紹介しております。
【イベントレポート】みんなのどうぐ3−3 〜かたちを作る〜
 
中地