挽物工場訪問

2016-06-30 14.12.27-1
昨日は、新しい職人さんを訪問しました。木工の中では、同じ挽物として分類される技術でも、職人と設備、道具が違えば、作り方も作れるものも変化します。同じ形を作るにも、違ったアプローチがあることは、新しい発見でした。
 
どちらが良いというよりも、形や大きさ、長さによって向き不向きがあるといった印象。とても勉強になりました。これまでにできなかったものづくりの可能性の幅が広がったように思います。
 
まずは目の前のプロジェクトに向けて動きつつ、その次はどう動いてゆけるのか。楽しみに、考えてゆきたいと思います。
 
 
中地