急須 | 湯呑み 発売開始

kyusu
dobin
yunomi
これまで扱いの無かった素材、「土」をはじめました。
 
急須 | 湯呑み 一覧ページ
 
陶器は、作家性が強く表れるものも多く、Pint!ではどのようにアプローチすべきか、ブランドスタートしてからずっと考えていました。作り手、製品数ともに、日本中にたくさんありますし、器屋さんもたくさんある。そんな中で、Pint!らしい取組みや製品はどういう風にできるかなと考え、ついに4年目に。
 
器のセレクトではなく、Pint!らしく、素材とものづくり、暮らしのシーンに寄って、陶器を扱おうと決めました。探し始めてしばらくして、器に精通する三重の友人から素敵なご縁をいただき、三重県四日市の窯元「南景製陶園」と出会いました。三重県四日市の陶器は、「万古焼(萬古焼とも)」と呼ばれ、熱に強い土が特長。そのため、製品としては土鍋や急須作りが盛んです。南景製陶園は、特に急須作りを得意としています。詳しくは製品ページでご紹介していますが、急須の土は、鉄分を多く含んだ土を使っており、陶器と磁器の間のようなイメージの素材。シャープな質感が良いです。
 
陶器の第一弾は、この急須と湯のみからスタートします。日々のお茶を飲むシーンでお使いください。もちろん、それぞれ経年変化も愉しんでいただけるものを選んでいます。
 
日々のお茶の時間を、もう少し特別で、より楽しい時間にできたらと思います。
 
 
中地