パンのある食卓



PINTでは、素材や製法を出発点として、今の暮らしの中で手に触れ使うこと、イメージ的には手元10cmくらいを意識してものづくりをしてきて、アイテムラインナップが少しずつ増えてきました。使うたびに心地よく、使うごとに味わい深くなり、長く使い続けられるために天然の素材を選んでいます。これだと、使い捨てず、劣化するのを気にしながら使う必要もなく、使う毎時毎回が楽しいと思うからです。そして、その良さがなくならないように、木であれば漆やオイル・柿渋仕上げ、鉄であれば漆・オイル仕上げにしています。
 
様々な職人の協力と技術、製作があってオリジナルの製品を中心に製作をしてきました。セレクトショップではなく、メーカーや作り手寄りの立場で製作をしてきたので、あまりジャンルや品揃えを優先することなく、「もの」出発で作っています。
 
気づけば、この数年である程度のボリュームになっていました。素材と技術出発ながらも、いかに今の普通の暮らしの中で毎日使い続けられるか、登場回数が多いものかを大事にしてものづくりをしてきましたが、少しずつ、使うシーンが近いものが生まれてきました。手元10cmから、少し範囲が広がり、半径50cmくらいのシーンがぽつぽつとできてきました。
これから少しずつ、そんな暮らしのシーンごとに紹介してゆきたいと思いますが、まず第一弾がこちら、
 
パンのある食卓
 
です。
 
リネン、木、鉄。
天然の素材は自然の食材と相性ぴったりですが、美味しいパンもまた同様に似合うのです。家のパン時間は食事もおやつもあり、楽しみにしている方も多いかと思います。その時間をもっと楽しく、ちょっと特別にするものを揃えました。
 
みんなの使い方でいただいた写真、イベントで撮影した写真も紹介しております。使い方の参考にしていただけたら嬉しいです。