pint雑貨木の器とリネン

プロフィール

wood_sub3-01

日本の様々な職人とものづくりを行なうPint(ピント)です。代表の中地(なかち)と申します。東京を拠点に、各地の職人とともに、製品企画と販売を行なっています。木や竹、リネン、鉄、漆、天然染めなど、天然素材のものを作っています。webshopイベントで販売をしながら、卸販売や、店舗とコラボしたオリジナル製品企画開発も行なっています。ものづくりのイベントを通じて、素材やものづくりを知っていただく活動もしています。

販売のため、流通のためでなく、日々使う道具を作りたい。日本で長く使われてきた素材やものづくりには、理由があるはずです。その理由は様々ですが、道具としての適性、使い心地の良さ、材料調達が容易だったこと。時は流れ、今は流通網も発達し、いかに効率的に生産し、価格を抑え、目を引く形や色にして、説明しやすく売りやすいものを売るということが主流になってきました。

Pintを立上げる前も、雑貨業界にいました。毎シーズン、販売店舗の売場作りに合わせて新製品や新色が作られていました。こんなにもものが溢れていますが、私自身、欲しいものがあんまりなく、展示会というものも好きになれませんでした。「この素材でこの形にできるし製品を作ってみよう」という作り手側の都合のものだったり、新しいものを生み出そうと奇をてらったものになる売り手の都合だったり、新しさと綺麗さを求めるデザイナーの都合だったり、いろんなものがあります。道具やものは使うものだから、使い手として作りたいなと思いました。(⇒みんなのどうぐ

一方で、マスの流通にのせるためにはあまり適していない、個体差のある天然素材のもの、動きのあるもの、取扱のこつがいる素材、店頭で店員さんによる説明が難しいもの、などがあります。ものが悪いわけではなく、今の流通には適していなく、その結果、ものづくり自体の元気がなくなっているという一面があります。

流通にはマッチしていなくても、それを求める方は多いと感じています。自分もその一人ですし、イベントに来てくださるお客様、WEBでメッセージをいただきます。そういったお客様に、良いものを紹介し、お伝えしたいと思っています。天然素材のものや、職人が技術と精魂込めて作り上げるものは、心地よく、使っている時間が楽しくなります。マーケットではなく、今の暮らしに向けて、使い手に近い位置で、天然素材の力を活かしたものづくりを行なってゆきます。

ものづくりへの細かい思いは、これから、何度かにわけて記事をアップしてゆきます。こちらのプロフィール記事の、下のリンクにもカテゴリーを作って足してゆきます。

小さなブランドですが、Pintだからこそできることを一歩一歩頑張って取組んでゆきます。よろしくお願い致します。

関連記事