【イベントレポート】みんなのどうぐ vol.0(かぐこラボ)第2回 ~器のデザイン~

第1回目は木について知り、触り、学ぶ会でした。
 
第2回目は、第1回目を踏まえて、実際に製品企画、器の形やデザイン等、仕様決定をしました。とはいっても、「挽物」という技術という制限がまずあります。挽物はろくろで木材を回転させ、刃をあてて木を挽きます。イメージしやすいのであえて書くと、お椀や丸皿を作る技術です。そのため、まず、形は丸い形であることが条件です。
 
そして今回のテーマが、「毎日使える拭き漆の器」。
 
いかに食卓への登場機会が多いかを考えます。汁椀でも丼椀でもなく、大人数の家族でも使えて、一人暮らしでも使える器。おかず皿としても、取り皿としても使える器。木材の乾燥の段取りも必要なので、高さと直径の、大まかなサイズもあらかじめ決定してあります。
 
確定条件として、木材は欅を使用。汁物を入れるお椀に適した材です。
 
今回の目標はオリジナルの器作りではなく、「毎日使える拭き漆の器」を作ること。そのため、デザインを書く、好きな形を書くということではなく、いかにこのテーマで、使いやすい器を作るか?オリジナル器ではなく、製品企画会議です。今の暮らしのプロである皆さんにお集りいただいているので、その点を活かしたものづくりにするのです。
実際の形に入る前に、皆さんの毎日使っているお気に入りの器をお持ちいただき、紹介いただきました。性別、年齢、家族構成もばらばらで、暮らすシーンによって、毎日使う器にも様々な形や在り方があることがわかり、とても興味深いプレゼンタイムでした。
その後、挽物の技術をおさらい。木の塊から切り出し、今回の器になるまでを、特別にご用意いただいたサンプルを使ってご紹介。
この工程や技術をまず知らなければ、木の挽物ならではのものづくりはできないと思うのです。単にアイディア商品、好きな形を作るということに留まってしまいます。
ここまでの流れをみんなで共有して、ブレイクタイム。
 
最初のプレゼンで出た食卓シーンから、
「おかず皿として、食卓みんなで共有するため、器の縁は外反りで」
「おかずはもちろんだけど、お鍋の取り皿にも良さそう。絞めのおうどんも。あ、夏にはそうめんも」
「取りやすく、他の洋食器ともマッチするよう、高台はなくそう」
「高台をなくす代わりに、しっかり持ちやすいように、裏面は指にかかりやすい凹みをつける」
「この器でお茶漬けを食べたい!」
など、いろいろな意見が出ました。
男性も女性も持ちやすい形、指にかかりやすい凹みをつけることも。
 
こんな意見がたくさん出てきたところで、実際に皆さんに器のデザイン(形)の線を描いていただきました。
集めた皆さんのイメージはとても近かったです。
皆さんにコメントをいただきながら最終形の仕様のポイントを整理し、一つの仕様書におさめました。
線を描くところはある程度好みも反映されそうなところで内心どきどきしていましたが、良い雰囲気でまとまりました。この最終仕様書を元に、次回はいよいよ木地師の小椋さんにお越しいただきます。
 
次回をお楽しみに!
 
 
中地