かぐれのワードローブ #02-1 REPORT 〜製作アイテム検討〜

前回シリーズのまとめ記事で案内していました、かぐれのワードローブ企画の第2弾がスタートしました。みんなのどうぐのプロバージョンで進行し、かぐれのオリジナルアイテムを、スタッフの皆さんとenricaとともに企画製作します。
 
かぐれのユニフォームとして製作した、リネンショップコートを皮切りにスタートしたこの企画。
2作目のリネンワンピースで「かぐれのワードローブ」としてシリーズ化し、今後は毎年1アイテムずつ、かぐれの定番オリジナルアイテムを少しずつ揃えてゆくことに決まりました。
 
通常では実現が難しいレベルで、人数も時間も思いもじっくりかけて作る、渾身のオリジナルライン。シーズンで売り切るものではなく、定番アイテムとしてずっとご紹介できるものを考えます。ちなみにレディースです。
 
これまでできたアイテムに続き、かぐれのワードローブとして今回は何を作るか?メンバーも新たに0から考えます。
 
●今回のメンバー紹介
————————————-
かぐれディレクター 坂田さん
かぐれレディースバイヤー 宮崎さん
かぐれオフィスサポート 箱田さん
かぐれ表参道店 島田さん
かぐれ丸の内店 武田さん
かぐれ横浜店 羽柴さん
enrica 町田さん(デザイン・製作)
PINT 中地(企画・進行)
————————————-
 
 
このプロジェクトでは、デザイナーと共に進める製品企画を通じて洋服作りを学び、店舗の他のスタッフやお客様へのご紹介に活かすことを一つの目的としています。そのため、店舗からの参加メンバーは全員新参加です。
 
社内で募集し、手を上げてくださった新メンバーの皆さん。販売歴7年目のベテランスタッフの箱田さんに、インタビュー記事なども手がける島田さん、武田さんはかぐれに入って1年、羽柴さんはなんと1ヶ月。ポジションも社歴も、バラエティ豊かなメンバーが集まりました。
最初に坂田さんから、この企画へのかぐれとしての狙いと思いを伝えていただきました。坂田さんがかぐれに入られた当初、まだ店舗数も少なく、コンセプトを煮詰めたオリジナルアイテムや展開がしやすい規模だったそうです。そこから少しずつ大きくなってきたかぐれの強みを活かしながら、今一度原点に立ち返ったものづくりを、というお話でした。
 
かぐれは現在6店舗。コンセプトと空気感が感じられるお店です。かぐれとして一本筋が通りながらも、表参道店のような路面店から、駅のショッピングセンターであるジョイナスに入る横浜店、高級店が並ぶ丸の内店、ミッドタウン店のやや小型な店舗と、場所や規模も異なり、それぞれの店舗で取扱うラインナップも少しずつ変えられています。1、2店舗だったときとはまた違う難しさがあるようです。
 
各店舗でそれぞれのお客様にあわせたセレクトや展開をしながらも、かぐれとしてのコンセプトを注入したオリジナルアイテムを作る。このために、各店舗のスタッフにも参加していただき、かぐれ発信の、原点に帰ったものづくりをするというチャレンジになります。

最初の第一歩、アイテム検討に入ります。まずは、「かぐれ」、そして「かぐれのワードローブ」のコンセプトの共有から。
 
皆から出てきたキーワードは、「流行に流されないスタイルとアイテム」「生活」「天然素材」「日常の中で着続けたい服」「日常だけど、綺麗に着られる」「上質な素材」など、前回シリーズにも続き、やはりこのあたりは強く共有されていました。
 
アイテム案は、トップスからボトムス、セットアップにアクセサリーとたくさん挙がりましたが、「かぐれのワードローブ」を作ってゆくにあたって、何から揃え、お客様に提案し選んでいただけるかという視点を最優先に検討を進めました。
また、これまでの2アイテム(リネンのショップコート、リネンワンピース)からの流れ、日常の中で定番で着られるアイテムということも加味して話し合いました。(原則、多数決はなしで進行します)
 
 
その結果、、、
 
 
アイテムは「シャツ」に決定しました!
 
 
ザ・定番アイテムです。シャツはシンプルではありますが、仕様や素材によっても、細かく検討すればかなり幅が広いです。
 
かぐれで扱っているシャツ、お客様が店頭で探されているシャツ、シャツにまつわる個人的なあれこれと、たくさんの意見が続々と出てきます。
 
シャツならこの素材と形!という方がいる一方で、中には、気に入ったシャツ、似合うシャツが見つからずに普段は着ないというメンバーも数名いました。生地の厚みやカラーの形だけでも種類はありますし、これぞという気に入ったシャツには巡り会えていない方は結構いらっしゃるかもしれません。
 
シャツ談義の盛り上がりに、今後の展開に期待が膨らみます。(超えるべきハードルは高そうですが)

この辺りから、enricaの町田さんに進行をバトンタッチ。
 
シャツの中でも、まずテーマを絞る必要があるため、今度は製品企画視点で考えました。着るシーン、着る時期、素材、シルエット、色など、どの視点から絞るかも悩むところ。
 
先のブランドコンセプトにも挙がった要素、「日常だけど綺麗」「心地よく」「天然素材」「上質さ」を踏まえつつ、ワードローブに並ぶシャツ、という観点も。
前の2アイテムは中厚のリネンで作ったので、シャツを作るなら違う素材か、同じリネンでも薄手の、質感もやや異なるものが良いのではという意見も出てきました。
 
 
話が進む中で、シャツに求めるポイントとしていくつかキーワードが挙がってきました。
 
・生地
・肌触り、着心地
・軽さと柔らかさ
・ボタンを留めても、開けて羽織っても
・色の綺麗さ→草木染め?
・シワが気にならない
・動きにくいイメージがあるので、それをクリアしたい
・年間通して着られること。
・透けが(少)ない
 
ぼんやりとですが、イメージが少しだけ見えてきます。まだまだデザインやパターンには落とし込めませんが、ステップとしては、やはり「生地」からスタートすることに決まりました。(前回も生地からスタート)
今日決まったことは、
・かぐれのワードローブ#02で作るアイテムは「シャツ」
・生地を出発点とし、デザインとパターンを決めてゆくこと
 
そして、次回までの宿題はこちら。
・enrica町田さんが、生地候補探し。リネン、コットン、シルク、リネンコットン、シルクコットン、天然素材を中心に。できればオーガニックの素材。生地感は「透け感(少)なく」「やわらかい」「マット」。
・かぐれメンバーは、シャツ企画案の準備。言葉やイラスト、お気に入りのシャツや服でもOKなので、準備してきていただきます。
 
次回、これらを持ち寄って、具体的にシャツのイメージとデザインを練ってゆきます。8月中旬に開催予定です。
 
ちなみに今シリーズは、PINTのレポートと並行して、かぐれブログ上でのレポートもアップされます。
→8/16追記 かぐれレポート
 
担当は、参加メンバーのかぐれ表参道店の島田さん。イベントやインタビュー記事など、素敵な記事をたくさん書かれていらっしゃいます。
 
PINT、かぐれそれぞれの別のレポートが毎回アップされることになります。それぞれの違った視点から書かれるので、お楽しみいただけたら嬉しいです。
 
●今後のスケジュール
////////////////////////////////////////////////////////
【かぐれのワードローブ#02 スケジュール】
2017/7 #01-1 REPORT 〜製作アイテム検討〜 <今回>
2017/8 #01-2 〜生地・デザイン検討〜 <次回>
2017/9 #01-3 〜生地・デザイン検討・トワルチェック〜 
2017/10 #01-4 〜1stサンプルチェック〜
2017/11 #01-5 〜2ndサンプルチェック〜
2017/12 最終決定 
2018/1~2 生産
2018/3 発売開始
※次回以降は予定です。変更が生じる場合があります。
////////////////////////////////////////////////////////
 
これから、半年以上の期間をかけて企画製作する、かぐれオリジナルシャツ。
洋服作りの製品企画を0からレポート配信します。このプロジェクトレポートを通じて、皆さんにも、1着の洋服ができるまでを一緒に感じていただけたら幸いです。
 
 
中地