かぐれのワードローブ #01 〜 振り返りMTG 〜

昨年の夏から半年間かけて企画製作した、かぐれのワードローブ#01。
 
各回レポートはこちら↓
1回目 2016/7 #01-1 REPORT 〜製作アイテム検討〜
2回目 2016/8 #01-2 REPORT 〜デザイン検討〜
3回目 2016/9 #01-3 REPORT 〜トワルチェック・生地検討〜
4回目 2016/10 #01-4 REPORT 〜1stサンプルチェック・生地検討〜
5回目 2016/11 #01-5 REPORT 〜2ndサンプルチェック・生地色検討〜
 
素敵なワンピースが2月に仕上がり、3月からかぐれ店頭、かぐれwebショップ、PINTのwebショップでも販売をしています。定番品として継続して販売してゆきますが、1シーズン目を終えて、振り返りのMTGを行いました。
 
参加した店舗スタッフのみなさんの感想の共有、ワンピースの販売状況、課題と改善、次回アイテムの検討。かぐれで行うみんなのどうぐ形式の企画は2回目とあって、より広い視野と深さで振り返りができました。
まずは気になる販売状況から。製品の生地や作りのこだわりはレポートをご覧いただきたいのですが、価格帯で見ると、ワンピースとしては高め。にもかかわらず、店頭、webともに好調な売れ行きとのことでした。
 
人気のポイントは、綺麗なシルエット、リネン素材、生地の色、女性らしい特徴的なカフス部分など。共生地の紐ベルトも好評だそうです。ぱっと見て即決!という方も多いそう。ワンサイズながら、紐ベルトと試行錯誤した丈の長さで、様々な身長、年齢層の方が選んでくださっているのも嬉しいです。
 
プロセスも大事ですが、出来上がる服が良いもので、お客様に選んで着ていただけるのが一番大事なこと。まだまだ伸びしろはありますが、まずは良い動きであることで一安心です。
 
かぐれ各店舗に、ぜひ足をお運びください。
 
PINTのwebショップでも着々とご注文をいただき、今は各色1点ずつのみ残っています。
enrica×かぐれ linenonepiece (4color)
店舗スタッフの皆さんからは、嬉しい言葉をいただきました。
 
「作り手に立たないとわからない感情を沢山経験できた」
「この経験を経て、改めて店頭に立つことで、普段扱っていた商品に対する見方も変わった」
「1枚の服が出来上がるまでにはたくさんの人が関わっていて、そういったものをお客様に届けるのが私たちの仕事。ということを感じ、販売職について考えさせられた」
「1着のワンピースを作るのに、話し合い、意見を伝え、考えを聞き、多くの事を考えさせられました。服に関わって働く中で大きな学びとなりました」
「企画メンバーの一人として参加し、できあがったワンピースを店頭でお客様にお渡しする時の楽しさ、嬉しさ!」
 
各回での学びだけでなく、その先の販売やお客様まで一直線につながって活かされているのが、本当に素敵だと思いました。自分がお客さんの立場だったら、これはきっと楽しい良い買い物になると思います。こんなものづくりやショッピングが増えるとわくわくします。
 
かぐれの各店舗の違いと、参加いただいたスタッフみなさんのキャラクターの違い。いろんな視点を共有して、重ねながら、自然とそれぞれの役割分担も分かれていったように思います。振り返ると改めて、個性がうまく組み合わさった回でした。
打ち合わせ後は、表参道店の前の庭でみんなで記念撮影。ブラックとインディゴが揃いました。良い写真。
 
次回もまた参加したい!と皆さんが言ってくださったのですが、次はまだ参加できていない新規メンバーをかぐれ内で募集して、7月スタートします。
 
製作アイテムはすでにいくつか案は出ていますが、次回メンバーにより初回に検討し、決定予定です。次回からは、かぐれのブログやインタビュー記事を担当されている、表参道店の島田さんにも参加いただきます。こちらのブログレポートは継続してアップし続けますが、かぐれ内のメディアでも随時発信しレポート強化してゆきますので、そちらも合わせてご覧くださいませ。アップされましたら、改めてご案内します。
 
来月からのかぐれのワードローブ#02、ご期待ください。