曲げわっぱとイタリアンシェフ パスタの世界コンテスト

製作状況が厳しい中たくさんの予約注文をいただき、ご予約中のお客様には大変長くお待ちいただいている曲げわっぱの弁当箱。製作は変わらずのペースで時間がかかっておりますが、ご用意できましたらお届けいたしますので、もうしばらくお待ちくださいませ。
 
 
今日は曲げわっぱの製作進捗や販売についてのお話ではなく、嬉しい新トピックを。
 
9月の終わりに、あるイタリアンレストランのシェフから、電話をいただきました。イタリアで開催されるパスタの世界コンテストに出場するため、盛り付けの器として曲げわっぱを使用したいというご依頼でした。日本のパスタとして器も含めて表現をしたいと、ご連絡をくださいました。
 
曲げわっぱとパスタ。その組み合わせだけでも十分斬新ですが、このような舞台で、トップクラスのシェフのどんな料理が曲げわっぱに盛り付けられるのか。それがとても楽しみで、サンプル品を貸出しさせていただきました。コンテストは勝ち抜きで数ラウンドあり、うまく進めれば、数ラウンド目で曲げわっぱが使われるとのこと。
 
 
遠く陰ながら応援して待つことくらいしかできませんが、先日、報告のご連絡をいただきました。

結果は、トップ3に入り入賞されたそうです!世界各国の19名のイタリアンシェフの中で、ファイナルラウンドまで残り、最後まで優勝争いをされました。惜しくも優勝は逃したものの、本当に凄いです。
 
曲げわっぱも無事2ラウンドでご使用いただいたようです。詳しくは、こちらの記事をご覧ください。臨場感が伝わってきます。
Giappone e la Nostra Italia: pasta del futuro – 未来のパスタ、パスタの未来
 
QUINTOCANTO
の弓削シェフ、おめでとうございます!今回は素晴らしい機会をいただき、ありがとうございました。「弁当」「和食」などのジャンルに捉われず、道具・器としての素材や形が活きるような使われ方を広げてくださり、嬉しいです。
 
大阪のレストランのため、直接お会いできておらず電話とメールのやりとりだけでしたが、真っ直ぐで気持ちの良い印象の、素敵な方でした。これからの益々のご活躍をお祈り申し上げます。