【new】鍛冶職人の鉄のフライパン


 
鉄製品に、新しいラインナップが加わりました。
 
鉄の箸置きを作ってくださっている鍛冶職人の金子恭史さんによるフライパンです。一枚の鉄板から、熱して叩き、深さのある形を作り出してゆきます。鋳物のフライパンとは異なり、鍛造ならではの薄造りのフライパンです。素材そのまま鉄板のフライパンですので、いわゆる鉄板焼きをイメージしていただけたら、調理の美味しさが伝わるかと思います。少し深さがあるので、使える料理の幅も広いです。
 
油焼き仕上げをしてお届けしていますので、そのままお使いいただけます。お手入れ方法などは製品ページに紹介していますが、そこまで神経質にならずにお付き合いいただけますので、次のフライパンには是非チャレンジしていただきたいです。
 
鍛冶職人の鉄のフライパン 一覧ページへ
 
4サイズあります。実際に手に取られると、思ったより重くない、という方が多いこちらのフライパン。お持ちのフライパンと組み合わせでサイズをお選びいただき、使い始めていただくのがおすすめです。