【イベント募集】MAD マーケットに倫理的なスタンスを持つこと

MAD マーケットに倫理的なスタンスを持つこと
 
東京でのイベントのご案内です。販売イベントではなく、トークイベントです。
 
東京を中心とした様々な場所に、現代の視覚芸術にアクセスするための「プラットフォーム」を創出しているAIT。代官山のAITルームを拠点として、MADというプログラムで、アーティストをはじめとして様々な講師による講義やトークイベントを揃えています。その中で、6月6日に、かぐれのディレクター坂田さんが講師として登壇されます。テーマは、「マーケットに倫理的なスタンスを持つこと」。アートではなく、アパレル、ライフスタイルブランドとショップの視点から、これまでとこれからのマーケットを見つめます。坂田さんのこれまでのキャリアと、今のかぐれディレクターとしての視点、これからの展望を含めたテーマで、ものづくりやプロダクトに関わる方には興味深い内容です。
 
坂田さんがこうしたテーマで伝えたい中で、PINTのコンセプトや活動に大変共感くださっていて、私も一緒に登壇させていただくことになりました。かぐれとPINTで共同で取り組んだ「みんなのどうぐ」の話を中心に、PINTの考え方、PINTのマーケットへの向き合い方もお話しします。
 
アーバンリサーチのショップとしては異色の存在感と空気感を持ち続けるかぐれと、ものづくりの新しい形を目指すPINTという組み合わせ。雑貨・アパレル業界の真ん中ではない、それぞれの思いをお伝えし、今のものづくりやライフスタイルを振り返ってみるきっかけの一つになれば幸いです。
 
 
———————————————————————————————————————————
↓お申し込みはこちらから(AITページ)↓
MAD マーケットに倫理的なスタンスを持つこと
 
日時:6月6日(火)19:00-21:00
場所:AITルーム(代官山)
定員:30名
受講料:¥3,900(税別)
備考:レクチャー終了後、ミニ・バーをオープン(21:00-21:30/有料)
———————————————————————————————————————————
 
 
会場は代官山駅前。ぜひ足をお運びいただけたら嬉しいです。面白い方も集まりそうですので、レクチャー後お話ししましょう。ご来場をお待ちしております。
 
他のプログラムや講義も、興味深い内容がたくさんあります。
MAD プログラム一覧 
 
 
かぐれとの「みんなのどうぐ」は2回を終え、それぞれ、かぐれ店頭、PINTウェブショップにて定番アイテムとして展開中です。それぞれの製品とプロジェクトレポートは
みんなのどうぐ プロジェクトページ
をご覧ください。