茶筒の取扱Q&A 使い始めのお手入れ

ろくろ挽きの欅の木の茶筒

Q. ろくろ挽きの欅の木の茶筒は、使い始めはどのようにお手入れすればよいでしょうか?

 

A. 使い始めは、何もせずそのままお使いくださいませ。その後も同じです

水濡れは厳禁ですので、水洗いはしないでください。水はねがついたままですと、染みになることもありますので、可能な限りお気を付けください。

茶筒の木の香りが気になる場合や、茶葉の種類を替えたいときに、前の茶葉の香りが気になる場合、煎った古い茶葉を一晩入れてくださいませ。古い茶葉が中の香りを吸いますので、多少香りが和らぎます。

その後も、必ずしていただくお手入れはありませんが、ときどき乾いた布で乾拭きしていただきますと、乾拭きしないよりも、色つやが綺麗にでてきます。お時間があるときに、是非お試しください。 

だんだんと色が濃くなり、経年変化で育ってくる茶筒。是非、長く使っていただきたいです。 

茶筒一覧ページへ

茶筒の他のことや、他の製品に関しても、ご不明な点、不安な点がございましたら、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。