レザートート確認用

レザートートバッグの素材紹介用のページです。

本製品には、タンニン鞣しの牛本革を使っています。皮革は食肉の副産物として作られます。牛革の場合、原皮はほとんど輸入と言われていますが、こちらは原皮も日本の牛で、鞣しは国内でも有数の産地である姫路です。

化粧的な加工もされていなく、表情豊かなレザーです。傷も多いですが、革素材らしさを感じられる力強さが特徴です。ただハードなワイルドな印象ならないよう、革の厚みは漉く(薄く削る)ことで抑えて、柔らかく、和らいだ表情が出るようにしています。

レザーは天然の素材のため個体差があり、このような表情が出ますが、特にこちらのレザーは、加工度が少なく革素材時点でかなり表情が豊かな素材です。他のレザーよりも、傷と言われるような箇所、シワが寄っている箇所も多いです。このレザーで綺麗な面の部分だけを使うと、価格もかなり上がること、使用上の強度等で問題のない部分は、天然素材の革の表情として考えて使い切りたいと考えていることから、この革とバッグらしく、傷やシワと言われるような箇所も含めて製作をしています。但し、使用上支障を来す箇所は製作時点で除外しています。お届け品は良品と判断しておりますので、予めご了承ください。

状態は、こちらの写真の通りです。(個体差がありますので、掲載写真は各型の現在庫の例です)

綺麗な表情のものをお求めの方には、こちらの製品はおすすめできません。このような革の素材を楽しみたい方に、選んでいただけたらと思います。

ご注文前に、製品在庫の簡易写真をお送りすることはできますので、お気軽にお問い合わせください。

また、このレザーの特性上、ミシンの抑え跡がつきます。